中古車購入に必要な用語集 | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 中古車購入に必要な用語集

中古車購入に必要な用語集

【か行】

課税分諸費用

課税分諸費用とは、税金、保険以外の車の登録、納車にかかる費用で、一般的には、検査登録代行手数料、車庫証明手続き代行手数料、納車費用、行政書士費用、整備費用等があります。

ただし、この課税分諸費用の項目は、販売店が独自に作ることができ、さらにその金額も販売店独自に決定することができます。

そのため、検査登録代行手数料を1万5千円にしている販売店もあれば、3万5千円にしているところもあります。

悪質な販売店になると10万円にしているところもあり、ボッタクられることがあるので注意が必要な部分です。

・型式

自動車固有の型式のことで、車検証の「型式」という欄に記載されています。自動車保険(任意保険)の一括無料見積り時などに必要になりますので、一度は車検証を見て確認しておきましょう。

現状販売

現状販売とは、展示している車を点検・修理や整備を行わずにそのまま販売するという意味です。

一方整備販売というのは、納車前にきちんと車を点検整備してから引き渡すというものです。「点検整備費別」の場合は、別途3万~6万円ほど点検整備費が必要になることが多くあります。

逆に「点検整備費込」と表示されていることがありますが、その場合は点検整備費はかからないのが普通です。

現状渡し

現状販売に同じ。

コンプリート車

新車時からエアロパーツ等のドレスアップがされている車のため、間違いなく車検に通るようになっている車のこと。

【さ行】

自動車リサイクル料金

車を廃車する際に必要な料金で、車に帰属する料金。

つまり新車登録時には、そのオーナーが自動車リサイクル料金を支払うが、廃車せずに下取りに出した場合は、 廃車していないので、自動車リサイクル料金は、買い取った販売店から返還してもいます。

そして次にその車を中古車として買い取ったオーナーがその車のリサイクル料金を支払います。

例えばその中古車をまた下取りに出した場合は、その中古車を売ったオーナーは販売店からリサイクル料金を返還してもいます。 (下取り価格に含まれていてはっきりしない場合が多い)

費用は車種やグレードによって違いますが、1~2万円前後が多いようです。

・自賠責保険

車検時に強制的に加入させられる保険。この保険は、交通事故の被害者を救済するための最低限の保険で、対人のみ補償されます。

正しくは、自動車損害賠償責任保険といいます。車の所有者(または使用者)が必ず加入しなければならない保険のため、 一般には「強制保険」とも言われています。

車検残のある中古車の場合、その分の保険料を販売店に支払うのが一般的です。

・車庫証明代行手数料

自動車を登録する場合には、必ず車庫証明を取る必要があり、これを代行してもらうための費用が車庫証明代行手数料です。

これは比較的簡単な作業なので自分でやればこの費用は節約できるのですが、警察署へ申請書を受け取りに行き、作成して提出に行き、 さらに出来上がった書類を受け取りに行かなければならないので3回は警察署へ行かなければなりません。

さらにはその出来上がった書類を購入する中古車販売店へ持ってかなくてはならないので時間的余裕のある人及び車のことに興味があり一度は自分てやってみたいと思う人のみが行うとよいでしょう。

これを代行してもらう場合、販売店によって価格は異なりますが、おおよそ1万5千円前後請求されます。

・初度登録年月

車が始めて陸運支局に登録された年月で、人間でいう生年月日に当たります。つまり、この初度登録年月から何年経過しているかで、私たちはそれぞれの車の価値を判断します。

この日付は、自動車取得税の税額の計算や車両保険の補償の額の基準としても使われる大切な日付です。

・諸費用合計

諸費用合計とは、車両本体価格以外にかかる費用で、その内訳は、非課税分諸費用と課税分諸費用に分かれます。

非課税分諸費用とは、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税、自賠責保険料等の税金、保険関係の費用です。

一方、課税分諸費用とは、税金、保険以外の車の登録、納車にかかる費用で、一般的には、検査登録代行手数料、車庫証明手続き代行手数料、納車費用、行政書士費用、整備費用等があります。

【た行】

・登録手続き

車にナンバープレートを付けて公道で走れるようにする手続きを「登録手続」と言います。

これは、自分でできる手続きではありますが、 複雑な作業ですので、販売店に代行の手数料(検査登録手続代行手数料)を払って代行してもらうのが一般的です。