中古車購入 トラブル事例集 | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 中古車購入 トラブル事例集

中古車購入 トラブル事例集

遠隔地購入編

中古車購入トラブル事例イメージイラスト

◆トラブル事例 1

遠くの販売店だったので、実車を見ずに写真と説明だけで、購入を決めました。

販売店の担当者は、年式のわりにはとてもきれいだといっていたのですが、納車後に確認してみると、キズだらけで板金修理やタイヤ交換その他の整備を自宅近くの工場でしてもらったらトータル50万円の出費になってしまいました。

◆ワンポイントアドバイス

やはり実車を一度も見ずに契約するとこのようなことになるものです。ですから中古車検索サイトを利用する場合には、必ずはじめは自分の住んでいる都道府県でしばらく検索を続けるべきでしょう。

その後実車を見に行ける隣県あたりまで範囲を広げるようにすると良いでしょう。基本は、「必ず実車を見に行ける場所で購入する」です。

◆トラブル事例 2

遠方のため、電話だけのやり取りで購入したので、聞いたことにしか答えてもらえないのは誠実さに欠けると思います。

登録や納車も積載車を使わずに自走で行ったようで、納車時には走行距離が500キロも増えていたのでびっくりです。

◆ワンポイントアドバイス

ネットで中古車を探す場合には、やはり全国で探すのではなく、はじめは自分の住んでいる都道府県内に絞って検索すべきでしょう。

とにかくネットやメールで写真や電話だけでの購入はよほど信頼できる販売店でない限りやめておいたほうが無難です。

◆トラブル事例 3

ネットでの中古車購入は初めてで不安はあったのですが、価格に魅力を感じ、実車のチェックをしないまま、気になるところをメールで確認して購入しました。

ところが納車された車は想像していたものとはほど遠く、予想を上回るキズの量、パワーシートだと思っていたものが普通の手動のシートだったりしました。

やはり中古車購入は実車チェックが一番大切だと実感しました。

◆ワンポイントアドバイス

特に中古車購入が初めての方は、中古車検索サイトで中古車を探す場合、全国の中から探す傾向があるようです。

しかし、ちょっと販売店レビュー等に目を通した人は、遠隔地購入のトラブルを知っているので、とにかく自宅近辺に絞って検索するようになります。はっきり言ってこちらが正解です。

とにかく自宅の近くの販売店でお気に入りの車が出てくるまで粘ることです。私も3ケ月粘って自分の条件を9割ほど満たした車を見つけ購入しました。

購入後2年経過していますが、今までにかかった修理費用は、1万円以下です。

◆トラブル事例 4

車後すぐに故障!販売店は、お店に持ってきてくれればすぐに対応すると言っているが、遠方での購入なので無理。結局近くのディーラーで自腹で修理することに。

◆ワンポイントアドバイス

販売店では、持って来てくれればすぐに修理すると言っている以上、遠隔地から購入したあなたに落ち度があることは、明白です。

とにかく自宅から遠い販売店で購入して得することはありません。焦らず近くの販売店で欲しい車が出るのを待つのがベストです。

唯一遠隔地購入で比較的安全なのは、ディーラー系の中古車販売店での購入です。ディーラー系の中古車半場店では、どこで買った中古車でも自宅近くの修理工場で整備や修理を受け付けてくれるからです。

遠隔地で購入する場合には、ディーラー系の中古車販売店でどこでも修理可能で1年間の走行距離無制限の無料保証が付いている中古車に限るべきです。

中古車購入トラブル事例イラスト

◆トラブル事例 5

遠隔地購入のため実車を一度も確認しなかったのですが、ネットでは禁煙車両になっていたはずが、納車された車はタバコ臭くて仕方がなかった。

◆ワンポイントアドバイス

ネット上に車のデータをアップする際に、装備や車両の状態を間違えることは意外と多いと思っていたほうが良いでしょう。

電話で確認してもその担当者が全ての展示車のことを把握しているとは考えられないので、電話やメールでの確認も確実とはいえません。

「間違えました。すみません。」で終わらされるだけです。やはり、納得して買うには実車を自分の目と耳でチェックする以外にはありません。