中古車購入 トラブル事例集 | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 中古車購入 トラブル事例集

中古車購入 トラブル事例集

見解の相違編

中古車購入トラブル事例イメージイラスト

◆トラブル事例 6

実車チェックの時にはスタッドレスタイヤだったので、中古の夏タイヤに交換しておくということで購入を決めたのですが、いざ納車された車のタイヤを見てみると、内側が全く溝のないタイヤだった。

◆ワンポイントアドバイス

とにかく口約束はトラブルのもと。欲しい車が見つかるとどうしても立場が弱くなってしまいがちですが、今ここで買わなくてもすぐにまた見つかるくらいの気持ちでいると、意外と対等に交渉できるものです。

◆トラブル事例 7

カーナビ、タイヤ、ホイールは、サービスで付けてくれると言うことで、期待していたのですが、どれもひどい代物でがっかりしました。勝手に期待した自分が悪いのですが、後味の悪い買物になりました。

◆ワンポイントアドバイス

勝手にそのお店や担当者をいい人などと思い込んでいると、後でがっかりさせられることは多いものです。特にタイヤやホイールは処分するのにお金が掛かるので、サービスと称して押し付けられることがあります。

現物を見せてくれないようであれば、やめておいたほうが良いかもしれません。

◆トラブル事例 8

コンプリート車を購入し、納車後オートバックスで部品の取り付けをお願いしたら、車検に通らない車なので取り付けできませんと断られてしまいました。ディーラーでも同様に言われました。

◆ワンポイントアドバイス

コンプリート車だと思っていたら、どこかで改造されていたということでしょう。これはなかなか見た目では見分けることはできません。ただ、ネットで調べると中古のコンプリート車はトラブルが多いと書かれています。

コンプリート車を購入する場合には、事故車(修復歴有)ではないか、一般の車検場に出しても車検には間違いなく通るかどうかを販売店に念を押して確認するようにしましょう。

◆トラブル事例 9

遠方の為、電話とメールのやり取りでの購入になりましたが、聞いた事にしか答えて貰えずに、車についての店側からの詳細な説明もありませんでした。

◆ワンポイントアドバイス

一般の中古車販売店だけでなく、ディーラー系の販売店でもやはり、マイナスポイントはなかなか言ってくれないものです。

中古車を購入する場合には、中古車販売店にそれ以上のことを期待しても無駄だと諦めておくべきです。ですから実車を見ずに買うこと自体間違っているのです。

中古車購入トラブル事例イラスト

◆トラブル事例 10

修復歴のある車だったのですが、欲しい車だったので見にいったところ天井の内張りがガタつきがある程度でした。

それ以外は大丈夫だろうと思い、天井のガタつきを直すことを条件に購入を決めました。

ところが納車された車の天井は、ガタついたままで全く直っていませんでした。クレームをつけると、「中古車は現状渡しが常識です。」と言われてしまいました。

◆ワンポイントアドバイス

購入前に確認していたのですから、あなたに非はありません。ただ、選んだ販売店の質が良くなかったようです。

ただ、修復歴のある車は、見える部分よりも見えない部分に不具合が隠れていることのほうが多いものです。

今回はこの程度で済んだから良かったのですが、安いからといって修復歴車を中心に検討するのはやめたほうが良いでしょう。

また、いくら気に入った車だからといって、購入する販売店を間違えるともっと後悔することになります。