中古車購入 トラブル事例集 | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 中古車購入 トラブル事例集

中古車購入 トラブル事例集

約束が違う編

中古車購入トラブル事例イメージイラスト

◆トラブル事例 1

整備して納車する契約なのに、納車された車は、車検に通らないくらいの状態だった。

◆ワンポイントアドバイス

小さな販売店は、整備工場など持ってないということは珍しくありません。つまり、オークションで仕入れた車を小さなスペースに置いて展示販売しているだけなのです。

当然整備などできないのでそのまま登録して納車ということになります。ただ、整備費用はいい金額を取れるので、整備して納車と言っているだけの販売店が多いということは、覚えておくようにしましょう。

中古車検索サイトに出品しているお店というのは、個人でやっている小さなお店から、大手中古車販売店や大手自動車メーカーまであります。

掲載されているお店がすべて信頼できる販売店でないことも忘れないようにしましょう。

◆トラブル事例 2

「徹底した納車前点検整備」を売りしている販売店ということで、信頼したのですが、実際に納車された車はエンジン警告灯が点灯していました。

結果、販売店から自宅に帰る間に1回エンスト、その翌日も4回もエンストしました。販売店に連絡し対応をお願いしたが、何の返事もありません。

納車前整備料金として約9万円も支払ったのにどういうことなのでしょうか。

◆ワンポイントアドバイス

ボルボの正規ディーラーでの購入でもこのようなことは意外と多いようです。欲しい車が見つかるとどうしても飛びついてしまいがちですが、じっくりと検討することが後悔しない買物の秘訣です。

外車ディーラーだけでなく、国産ディーラー系の中古車販売店でもこのようなことは全くないわけではありません。

ディーラー系だから大丈夫だろうという依存心があなたに不幸を引き寄せているということを肝に銘じて、自分の目と耳で実車をチェックするようにしましょう。

◆トラブル事例 3

サービスでコーティングをやってもらえると言ったにもかかわらず、納車後に確認したら全くやっていなかった。

さらにサービスで希望ナンバーにしてくれるとも言ってたのですが、全く違う普通のナンバーで納車された。

おまけに後部座席のヘッドレストが無かったので確認したら、今はずしてあるだけでありますとの回答だったが、実際には無かった。

◆ワンポイントアドバイス

口約束だけで契約してしまうと、トラブルになる可能性は大です。特にお店が購入者の自宅から遠いとトラブルになってもじきにあきらめる人が多いのでなお更応対が適当になる担当者が多いようです。

車をチェックしに行ったのなら、実際にはずしたヘッドレストがあることを自分の目で確かめるべきです。実際にその車以外の場所に置いてあること自体が不自然だと思えます。

特にサービスに関しては、契約書に明記してもらうべきでした。私の場合は、下取車の廃車手数料をサービスしてもらったのですが、契約書の下取手数料の項目に○を付け、金額欄にサービスと記入してもらいました。

◆トラブル事例 4

etc取り付けETCの取り付けを場所を指定して依頼したところ、全く別の場所に取り付けられていた。

文句を言うと、こっちのほうがいいと思いますと呆れた回答。おまけにあとは自分で自由にやってくださいと言う始末。ディーラー系中古車販売店なのに本当にがっかりした。

◆ワンポイントアドバイス

場所をきちんと指定していたのですから、あなたに落ち度は全くありません。責任者を呼んで強く抗議しても良かったでしょう。残念としか言いようがありません。

中古車購入トラブル事例イラスト

◆トラブル事例 5

中古車検索サイトの概算見積金額よりかなり高くなってしまいました。

お店で正確な見積りを出してもらうとコーティング、ナビ、希望ナンバー等を勝手に付けられてしまい、いらないと断っても、車両を安くしてるんだからとしつこくつけてきます。

納車前点検費4万近くとるのにワイパーのゴムはきちんとはまってないし、車内はホコリだらけでした。

中古車検索サイトの販売店レビューでの評価はとても悪かったのですが、本当にその通りの販売店でした。

どうしても欲しい車がその店だったので買ってしまいましたが、後悔しか残りませんでした。

◆ワンポイントアドバイス

中古車検索サイトの無料見積りでは、金額が月ごとに変わってくる自動車税を含めていない場合もあり、あくまで概算だと理解しておく必要があります。

ただ、コーティングやナビなどを無理やり押し付けるような販売店は、その時点でさよならすべきだったでしょう。

また、納車前点検費も4万円近くとられて高いという認識があったにもかかわらず契約したのは、目の前に欲しい車があるというあなたの弱みに付け込まれたというしかありません。

はじめから販売店の人にはあなたがカモにしか見えなかったのではないでしょうか。

販売店レビューで事前に販売店の評判をチェックするところまではすばらしいのですが、評判が悪いにもかかわらず、欲しい車の誘惑に負けて訪問した時点であなたの負けだったのでしょう。

次回からは、購入を焦っているそぶりは絶対に見せないことです。ちょっとでも気になることがあったら他店で行くくらいの雰囲気を出して販売店を訪問しましょう。

そして押し売りには絶対に応じないことです。