中古車購入 トラブル事例集 | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 中古車購入 トラブル事例集

中古車購入 トラブル事例集

チェック漏れ編

中古車購入トラブル事例イメージイラスト

◆トラブル事例 11

ブレーキ 納車された車は、ブレーキを踏むとキーキー音がします。

その件について問い合わせると、走ってたら直るといわれました。

現在、半年経ちましたが未だに直りません。また、ワイパーのゴムも完全に劣化していて作動させるとキュルキュルと音がします。

◆ワンポイントアドバイス

ブレーキに関しては、試乗していればすぐにわかったはずです。自ら運転しなくても、お店の人に運転してもらい、自分は助手席で走行時の異音のチェックは十分にできます。

また、ワイパーはその場で触ってみればすぐに弾力があるかないか誰にでもわかるはずです。事前にどんなチェックが必要かを十分に考えてから実車チェックに行きましょう。

◆トラブル事例 12

車の購入は今回が初めてだったのですが、納車された車のタイヤが丸坊主でした。購入前に実車を見に行ったのですが、タイヤはよく見ていなかった感じかします。

◆ワンポイントアドバイス

タイヤは実車を見に行けば誰でも見れば判断できる部分です。そのため、販売店のせいにするのはちょっと酷でしょう。 これから、中古車の購入を検討している方は、実車のチェックポイントをもう一度確認しておくようにしましょう。

◆トラブル事例 13

購入後、夏が近づいてきたのでエアコンを入れたところ、全く冷たい風が出てこないことに気がつきました。

販売店の店員は、状態の良い車ですとのことで多少予算オーバーだったのですが、頑張って購入したのに本当に残念です。

◆ワンポイントアドバイス

販売店の言葉を信用するというのはお人好しもいいところです。また、エアコンの修理はとても高額になるので実車チェックでは絶対に忘れてはいけません。

たとえ真冬だとしても必ずチェックすべき項目です。

◆トラブル事例 14

先日ステップワゴンの中古車を購入したのですが、エアコンとハザードのスイッチランプが玉切れしているのに気づきました。

またテールゲートとバンパーの左右の隙間が異なっていることがわかり、さらにDレンジ時の振動が激しいことがわかり、もう最悪な状態です。

ディーラーだから信用して購入したのにガッカリです。

◆ワンポイントアドバイス

実車を全くチェックしていないようですし、エンジンも始動して音をチェックしたり振動をチェックしたりしていないのでしょう。

書かれていることは私だったら全て実車チェックでわかっていたと思います。あなたは販売店がディーラーだからと信用してしまったようですが、それがそもそもの間違いです。

必ず実車は自分の目と耳でチェックしましょう。