中古車購入 トラブル事例集 | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 中古車購入 トラブル事例集

中古車購入 トラブル事例集

チェック漏れ編

中古車購入トラブル事例イメージイラスト

◆トラブル事例 1

車両本体価格7万8千円のスズキのワゴンRを購入したのですが、納車後ハッチバックのロックが効かないことがわかりました。

スズキ ワゴンR 販売店側は、格安特価車両は現状販売なので、多少の不具合はあって当たり前です。

よく確認して購入してくださいとの回答だった。

◆ワンポイントアドバイス

販売店側からみると格安特価車両は現状販売が当たり前で、多少調子の悪い部分があるから格安で販売しているということを理解していない購入者が悪いと思っているようです。

自衛手段としては、「安い車は現状販売なので、あらゆるところをチェックする」ということを忘れないことです。

◆トラブル事例 2

見積り段階での対応や納車までの対応はとても良く、いい販売店に当たったなあと思っていたのですが、納車後に車をチェックしてみると、折れたアンテナをセロテープで留めていたり、リアのドアが開かないことが判明。

確認しなかった自分も悪いのかもしれないが、一切説明がなかったのは悲しかったです。

◆ワンポイントアドバイス

販売店の対応が良いと、どうしても信頼して"大丈夫だろう"という気の緩みが生じやすいものですが、実際に契約を済ました途端、手のひらを返したような対応をしてくる販売店も多いものです。

格安中古車の購入を予定している方は特に、自分の目と耳で実車をよくチェックするようにしましょう。

◆トラブル事例 3

納車後、ウォッシャー液が出ないので、補充してみるとタンクが壊れていて液が全部漏れ出てしまう状態でした。

◆ワンポイントアドバイス

どうすればウォッシャー液のタンクが割れるのか考えてみると恐くなります。もしかすると事故車を買い取って修理して販売したのではないでしょうか。

その際にウォッシャー液のタンクが割れていることに気づかなかったのかもしれません。ウォッシャー液がちゃんと出るかどうかだけでなく、水漏れがないかもチェックするのを忘れないようにすべきでしょう。

◆トラブル事例 4

購入後、自宅で洗車したらドアのゴムパッキンから茶色の塊が出てきたのでよく見てみると錆びて腐り、剥がれた金属だった。 また、ドアの窓ガラスが上がらなくなったので電話すると、「現状渡しなので店には一切責任ない」と言われた。

◆ワンポイントアドバイス

自宅から遠い場所にある中古車販売店から購入する場合、実車を見ずに買う人が多いのですが、そのような人がこういった被害に合うことが多いようです。

現物を見ずに買う場合は、気に入らなかったら返品OKの販売店以外で購入するのはやめたほうが良いでしょう。または、ディーラー系で保証が十分な販売店を選ぶようにすべきです。

決して現物をチェックせずに現状販売車を購入するようなことは避けてください。

中古車購入トラブル事例イラスト

◆トラブル事例 5

初めての車購入だったので何をチェックすれば良いのかさえあまりわからなかったのですが、納車された車のタイヤが丸坊主でした。

せめて事前の説明でタイヤは交換が必要です等のアドバイスは欲しかったです。

◆ワンポイントアドバイス

中古車のタイヤ 今やインターネットで検索すれば中古車購入の注意点は数秒で見つけることができます。

外観くらいは見落とすほうが悪いといえますね。

あまりにも無防備過ぎるでしょう。もしかしたら、見積書も金額を上乗せされ、高額な諸費用を支払わされているかもしれません。

何をするにもある程度の基礎知識は必要だと心を入れ替えて、次回の購入では、自分の目と耳で中古車購入を成功させましょう。