中古車購入 トラブル事例集 | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 中古車購入 トラブル事例集

中古車購入 トラブル事例集

故障編

中古車購入トラブル事例イメージイラスト

◆トラブル事例 6

納車日にラジエターの液漏れ。その後、ウインドウォッシャーポンプが動かないことがわかりました。

◆ワンポイントアドバイス

実車をチェックする時には、あらゆるところをチェックすることが大切です。ウォッシャー液が出るかどうかは意外と忘れやすい項目です。

自分なりにチェックリストを作り、販売店訪問時にその項目をひとつづつチェックしていくのが最も確実な方法です。

恥ずかしがって、チェックリストを持っていかないと必ずチェック漏れをします。私がそうでした。そしてチェック漏れの箇所がみごとに故障しました。

◆トラブル事例 7

パワーウインドゥのチェック 納車後、運転席の窓を閉めようとしたら窓ガラスがあがらなくなってしまいました。

販売店に電話すると現状渡しだから店には一切責任はないと言われてしまいました。

◆ワンポイントアドバイス

実車チェックでは、パワーウインドのチェックはとても大切な項目です。運転席のボタンだけでなく、全てのドアのボタンでも操作可能かどうか必ずチェックしましょう。

さらに、同じ窓を連続して上下させてみることも大切です。モーターが寿命に近づいている場合、2~3度上下させると上がらなくなることがあります。

◆トラブル事例 8

エアコンの故障 納車の翌日にエアコンが故障しました。店に連絡したら自腹で店に持って来いといわれました。

ディーラーに見せたら、コンプレッサーの交換が必要、その他にも修理の可能性があるといわれました。

◆ワンポイントアドバイス

実車を時間をかけてチェックし、試乗していれば車の品質はもしかしたらわかったかもしれません。しかし、実際にはこのようなことも起こり得ることなので保証の大切さを痛感せざるを得ません。

対策としては、エアコンはそう頻繁に壊れるものではないので、実車チェック時は、エンジンをかけエアコンを弱から強すべての段階でチェックするようにしましょう。

◆トラブル事例 9

納車後、地元の修理屋に見てもらったらドライブシャフトの交換が必要と言われてしまいました。安い買物ではなかったのでがっかりです。

◆ワンポイントアドバイス

試乗していれば、ハンドルがブレたり、アクセルから足を放した時に転がりが悪く急に減速する感じがしてすぐにわかったはずです。販売店もオークションの評価をそのまま信じて販売しているのでしょうから、 わからなかったのかも知れません。

やはり、実車を自分の目でチェックして体感するしかありません。

中古車購入トラブル事例イラスト

◆トラブル事例 10

実車を見に行ったときには、販売店の店員からの説明は殆ど無く、気に入ったら買ってくれという態度だったのですが、装備も充実していたのでそのまま購入することに。

また、契約のときも営業担当者は何となくよそよそしくあまり近づいて話しをしようともしませんでした。

納車後、車に乗ってみると不具合が続出。結果修理に10万円以上かかってしまいました。ディーラー系の中古車販売店だから安心して買ったのに、悔しいです。

◆ワンポイントアドバイス

販売店の店員がよそよそしいのは、車に問題があるということを知っていたのでしょう。

そして購入後にトラブルになることがわかっていたので、なるべく近づかないようにしていたのだと考えられます。

こんな店員がいたら要注意だということはよく覚えておくようにしましょう。

対策としては、なるべくたくさん店員に購入予定の車について質問し、店員さんの考えをなるべくたくさん言ってもらうようにすると、このような良心が残っている店員は、本当のことを教えてくれるのではないでしょうか。