修復歴車の故障発生率 | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 修復歴車の故障発生率

修復歴車の故障発生率

修復歴ありの車の故障発生率は40%近い!?

ある調査によると修復歴のある車の故障発生率は40%近くになるそうです。つまり、修復歴のある車の10台に4台は、近いうちに何らかの故障が発生するということです。

修復歴車の故障発生率は約40% しかもその故障箇所は、車の骨格部分のゆがみが原因で発生するため、修理費用が高額になるだけでなく、修理期間も長くなる傾向があります。

いくら探していた車だったからといって、”修復歴あり”の車を買うことの危険性をもう一度よく考える必要がありそうです。

価格の高い車でも故障発生率は変わらない

中古車を買う場合、ちょっとでも品質の良い車が欲しいという気持ちから、車両本体価格の高い中古車を選ぶという方もいると思いますが、修復歴ありの車に関してはこれは通用しません。

車両本体価格が高いからといって、きれいに修理されているという保証は一切ありません。さらに悪いことに、見えない部分は、かなり手を抜いて修理している場合も多いようです。

そのため、車両本体価格が高いからといって故障発生率が低いということはないのです。高い車を買ったあとで、他の修理工場で見てもらったらずさんな修理が発覚したなんてこともあります。

その販売店を信じて高い車を買っただけにショックも大きくなります。そんな目に合わないためにも、修復歴車の購入は極力控えたほうが良いでしょう。

↓   ↓   ↓

おすすめ中古車検索サイト
カーセンサー

「修復歴なし」にチェックを入れて再検索し、修復歴のない車の多さを実感しよう!
車選びドットコム

中古車購入の不安や疑問を電話でアドバイスしてくれる初心者にはうれしいサイトです。