ダイレクト保険とは | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > ダイレクト保険とは

ダイレクト保険とは

従前の保険の契約方法とは

今までの保険は、代理店が保険会社に替わって営業活動を行い、個人や企業と保険契約を結んでいました。つまり、個人と保険会社の間には必ず代理店という存在があったのです。

私たち契約者は、保険会社の担当者と直接話したり、保険の請求手続きを行ったりすることは殆どありません。とにかく窓口は代理店の担当者というのが今までの保険の形態です。

ダイレクト保険とは

ダイレクト保険の契約方法

ダイレクト保険契約というのは、私たち契約希望者が代理店を通さずに直接(ダイレクト)保険会社と契約を交わすことをいいます。具体的には、保険会社が用意したサイトを経由して保険契約を結びます。

つまり、私たち保険契約希望者がインターネット上で保険会社の見積りやサービスを比較して、加入したい保険を選び、自ら進んで契約します。

その結果、代理店が自体不要になり、代理店に対して支払っていた保険契約獲得件数に応じた成功報酬も支払う必要がなくなるのです。

そのため、インターネット経由での契約では、その分保険料を値引きすることが可能になったのです。

ダイレクト保険とは

インターネット経由での契約が主流

上記のように、インターネット経由で自動車保険の契約をすると、保険料は間違いなく安くなります。私は、現在20等級なので保険料は1万6千円ちょっとまで下がっています。

会社に出入りしている代理店経由で加入していた時の半額です。また、自動車保険(任意保険)の比較は、やはり無料の一括見積りが便利です。

一度の入力で、メール又ははがきで回答の見積りが届き、納得できたらそのままインターネット経由で契約できます。私は毎年無料見積りをして最安値の保険会社と契約しています。

自動車保険(任意保険)一括無料見積り人気サイトランキング