人生初のリコール体験 | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 人生初のリコール体験

人生初のリコール体験

日産から届いた一通の封筒

中古車のマーチを購入して無事に最初の車検を終えて約半年経過した頃、日産から1通の封筒が自宅に届きました。また新車のチラシでも入っているのかと思いきや、何とリコールの通知だったのです。

中古で買った車で、しかも車検は民間車検場に出しているので、ディーラーには自分のデータはないはずなのに、ちゃんとリコールの通知が届くのをちょっと不思議に思ったりもしました。

テールランプ それはさておき、リコールの内容を見てみると、ストップランプの接触不良でストップランプ及びウィンカーが点等しなくなることがあるというものでした。

「んっ?」

と一瞬何かを思い出しかけました。そういえば、半年ほど前にウインカーの点等不良で交換修理をしていたのです。

もしかして、これが原因で自分の車のウィンカーも点等しなくなったのではと思い、さっそくリコール対応修理の予約のために近くのディーラーに電話してみることにしました。

過去の修理費用は返金してもらえる?

電話で事情を説明したところ、まさしくリコール対象部分なのでリコール修理完了後に返金してくれるということでした。ただ、その際にはその時の修理記録と領収書を持ってきてということでした。

「んっ?」

2度目の「んっ?」でしたが、車検証のファイルを見てみると両方とも捨てずに残っていました。その修理記録と領収書がなければ返金してもらえないの?と一瞬思ったのですが、実際に残っていたので「まあいいか」と思い直して素直に修理してもらいました。

車を修理したり車検を受けた場合の記録とか領収証は、捨てないほうがいいということを体験的に学んだ一件でした。