今乗っている車はどこで売る? | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 今乗っている車はどこで売る?

今乗っている車はどこで売る?

少しでも高く売りたい

次に買い換える車の資金にしたいので、少しでも高く売りたいという方は、愛車の買取価格の無料一括見積りがおすすめです。

愛車買取パソコンで1度の入力だけで見積り依頼ができるのでとても簡単で手間いらず。

複数の買取会社の買取額を比較し、一番高い買取額を提示した会社を自分で選んで売却できるので、納得して売れるのが一番のメリット。

ただデメリットもないわけではありません。複数の会社からの電話や実際に車を見に来る時間に合わせて立ち会わなければならないのでちょっと大変です。

また、買取業者との価格の駆け引きもあるので、気が弱い方は苦痛に感じるかもしれません。

↓   ↓   ↓

適正な価格で買い取ってもらえればいい

上記のように複数の買取業者の車のチェックに立ち会うのは気が引けるという方で、最高値で売れなくても損得なしの適正な価格で買い取ってくれるところがあればその1社だけに頼みたいという方は、やはり買取実績NO.1のガリバーがおすすめです。

ガリバー ガリバーがなぜ信頼できるのかというと、実際に車の状態を見るのは営業の担当者なのですが、実際に買取価格を決めるのはガリバーの本社なのです。

車を見に来た担当者には買取価格を決定することは一切できません。

車をチェックした担当者は、ipad等の端末を使い、チェックしたデータを本社へ送ります。

本社では、過去に同じようなグレードの車がどこでいくらで売れたか等のデータが蓄積されています。

ガリバーでは、それらのデータを参考に買取価格を決定するために、常に市場価格に反映した適性な価格で買い取ってもらえるのです。

また、テレビでおなじみのガリバーのジャンパーを着た人1人だけに対応すればいいので安心です。

↓   ↓   ↓

◆ ガリバーで話を聞いてみよう!

サイトから申し込んで、連絡がきたらいろいろと質問してみよう。納得できたらそのまま申し込みも可能です。 → ガリバー

中古車販売店での下取り

中古車販売店での下取りは、一番買取り価格が安いと言われています。それは、市場価格とは関係なく、中古車の年式によって基準となる買取価格が決められているからです。

さらに、実際の車を見ての評価は減点法なのです。つまり、キズやへこみがあればすぐに下取り価格はさがってしまいますが、プラスの要素があっても価格は上がらないです。

下取りしかも多くの販売店では、下取査定費用を断りもなく請求してきたりするので注意が必要です。

さらに廃車を依頼するのも考えたほうが良いでしょう。

必ず廃車手数料を1~2万円は徴収されます。 さらに、廃車にすれば戻ってくるであろう自動車税、自動車重量税、自賠責保険料等の未経過分も返却してもらえない場合が殆どです。

もし、廃車ということになったなら、絶対に廃車専門の業者に頼むべきです。廃車専門業者は、廃車後にもその車を無駄にしません。海外に輸出したり、使える部品を取り出して売却したりします。

そのため廃車手数料は無料のところがとても多くあります。しかも税金関係もすべてきちんと返却してもらえます。廃車車両できちんと利益を出すしくみができあがっているためです。

↓   ↓   ↓