管理人が語る中古車購入体験記(トラブル一覧) | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 管理人が語る中古車購入体験記(トラブル一覧)

管理人が語る中古車購入体験記(トラブル一覧)

納車後に見えてくる中古車の問題点

いくら販売店を訪問し、実車チェックを慎重に行い、試乗をしたとしてもやはり気がつかなかったことは、使っているうちに現れるトラブルはあるものです。

以下のトラブルは私が実際に購入した車に発生したもので、実写チェック時に見落としたもの、経年劣化によるどうしようもない故障も含めて全て掲載しています。

私個人としては、トラブルの内容と購入費用を勘案して、後悔するような買物だったとは全く考えていません。車両本体価格18万8千円、総支払額約35万円でした。

変速ショックが大きい

変速ショックのトラブル 購入後に一番気になったのが、発進時の変速ショックの大きさです。

ネットで調べると、この車は、変速ショックが大きくてクレームが多くネット上に投稿されているのを知り、こんなものかと我慢することに決めました。

普段の運転では、変速の直前にアクセルを緩め、変速ショックを小さくすることで対応してましたが、慣れてくるとあまり気にならなくなるものです。

結果的には、2年後の車検でオートマオイルを交換したら嘘のように変速時のショックは無くなりました。

タイヤのひび割れ

タイヤのひび割れ 販売店への実車チェック時には、タイヤの溝はチェックして2年は大丈夫そうだと確認していました。

ところが納車後によくチェックしてみると、タイヤの側面に無数のひび割れがあることがわかりました。

高速走行時にパンクするのではないかと不安に感じつつ、結果的に2年後の車検もそのまま通し、今でもそのまま乗っています。意外とタイヤ側面のひび割れは大丈夫なようです。

■ 追記

結果的に2年2ケ月後に完全にパンクし、4本とも新品タイヤと交換しました。費用は、古タイヤの処分費も含め、総額31,920円でした。

錆が・・・

購入前の実車チェックでは、あまりに小さくて見落としていたようなのですが、納車後の初洗車時にスポンジでボディーを洗っていると何か引っかかる部分があるので良く見てみると1ミリ程度のキズがあり、 そのキズの中が完全にサビでいたのです。

ボンネットのキズ とても小さなキズなのですが、サビでまわりの塗装が浮き上がり始めていました。

1ミリほどのキズですが、サビが浮いているとなると広がる可能性がありそうでちょっと不安になるものです。

結果としては、購入後3年近く経過していますが、そのサビは殆ど広がることはありませんでした。処置は全くしていませんが大丈夫です。

タイヤがパンク!?

購入後、半月ほど経過した頃に左前輪のタイヤの空気圧が低下しているのに気づきました。給油時にスタンドで空気を入れたのですが、数週間後にまた空気圧が低下していました。

2~3度同じことを繰り返したあと、パンクだと判断し、近くのタイヤショップでパンク修理をしてもらいました。費用は、2,500円でした。

このパンクが、購入前なのか購入後なのかは不明ですし、購入前だと証明するすべもありません。まあ、安く済んだのでよしとしておきました。

バッテリーが限界

バッテリーのトラブル 購入したのが真夏の7月だったので、購入時にはバッテリーが弱っているということは全く気づきませんでした。

半年後、冬を向かえ寒くなると、朝一番のエンジン始動時に、スターターモーターが3回転するのがやっとの状態になってきました。

これも購入前のチェックではなかなか見つけられないだろうなあと思います。というのは、たとえ販売店を訪問するのが冬だとしても、事前にエンジンをかけておけば、実車をチェックにいった時には、 エンジンのかかりは良くなっているのですから。

それでも結果的に2年間、持ちこたえることができました。バッテリーを交換したのは、2年後の車検です。

ハッチバックドアが閉まらない!?

ハッチバックドアのトラブル 購入後1年半ほど経過した頃からハッチバックドアが閉まらなくなることが多くなりました。

ハッチバックドアを下ろしても、ロックされずにパカパカになっているのです。

それでも何度か開閉をしているうちにロックされるので、今のところそのまま使用しています。

その後、優しくハッチバックドアを閉めるようにしたら、それ以降はロックされないということは無くなりました。

ウインカー故障

テールランプの故障 1年半ほど経過したある日、左折しようとウインカーを出すと、異常な速さでカチカチと点滅しているのに気がつきました。

近くの公園の駐車場に車を止め確認してみると、テールランプのウインカーが点灯しないことがわかりました。

近所の日産に車を持ち込むとウインカーの球切れではなく、ウインカー本体の接触不良のため、そのユニットごと交換が必要と言われました。

その場ですぐに直りましたが、修理費用は約8千円かかりました。

ドアノブが引っこ抜ける

ドアノブが故障 購入後2年近く経ったころから、運転席のドアノブが、ガタガタになってきて分解してしまいそうになってきました。

スマートキーだし、交換修理には費用が掛かりそうだと修理を渋っていると、本当にドアノブが抜けてしまいました。

慌てて近所の日産に車を持ち込むと、ドアノブを留めているネジが緩んで抜け落ちただけなので、組み立て直す工賃だけで直してくれました。費用は、4,200円でした。