概算見積り(ミニクーパー) | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 概算見積り(ミニクーパー)

概算見積り(ミニクーパー)

ミニクーパーを5台、無料見積り依頼をしてみました

ミニクーパー 今回無料見積りを依頼した車は、全て車検が残っている車です。

そのため条件はほぼ一緒なので、諸費用の額を比較すれば、販売店の違いでどれだけ購入費用に差が出るのかはっきりわかります。

販売店別に見ると、日本のディーラー系中古車販売店が1店舗、正規ディーラー系が1店舗そして残り3店舗が一般の中古車販売店です。

◆ ミニクーパー 無料概算見積りの回答

販売店名 車両本体価格 非課税諸費用分 課税諸費用分 総支払額
販売店A \498,000 \46,240 \89,250 \633,490
販売店B \598,000 \44,990 \189,450 \832,440
販売店C \450,000 \43,420 \105,000 \598,420
販売店D \750,000 \55,340 \127,410 \934,750
販売店E \650,000 \49,390 \170,610 \870,000

基本情報

  1. メーカー:日産
  2. 車種:ミニクーパー
  3. 排気量:1,600cc
  4. 車両重量:1,140kg
  5. 見積り依頼日:2012年10月2日
  6. 参考:諸費用計算書(1,500~2,000cc)

今回見積り依頼したのは、10月上旬なので、10月登録として見積書を分析します。私が作成した諸費用計算書の10月の欄を見ると、諸費用の合計が181,750円になっています。

この額は、車検が切れている車で有料保証の費用を含んでいません。そのため、車検が残っている車の場合には、その分安くなることを考慮に入れるべきですし、有料の保証に加入する場合には、その分プラスする必要があります。

解説

◆ 販売店A(日本のディーラー系)

諸費用合計:¥135,490

ミニクーパー さすが日本のディーラー系の中古車販売店は、貼付された見積書の内訳を見ても全て納得できる金額でした。

また、無料保証も1年走行距離無制限とはいきませんが、3ケ月3千キロの無料保証が付いているのでかなり安心できるでしょう。

日本のディーラー系の販売店で外車を買えるとかなり安心できるので探してみるのも良いアイデアかもしれません。

◆ 販売店B(正規ディーラー系)

諸費用合計:¥234,440

正規ディーラーだからといって安心して購入できるわけではありません。また、諸費用が高過ぎます。詳しい見積もりがないのでわかりませんが、恐らく整備に8万円前後掛かるということでしょう。

つまりそれくらい整備しなければ乗れない車だということです。私だったら間違いなく上の販売店Aで購入します。

◆ 販売店C

諸費用合計:¥148,420

一般の中古車販売店としては、諸費用の額がかなり低く抑えられているように見えますが、これは車検が残っているため、税金関係が安くなっているからです。

課税諸費用分(販売店利益分)の費用は平均的な金額が計上されており、高くも安くも無いといった販売店です。あとは、実車チェックと保証の費用次第でしょう。

◆ 販売店D

諸費用合計:¥182,750

ミニクーパー こちらの販売店は、課税分諸費用がちょっと高めですが、どうしても車が気に入ったというのであれば、許容範囲と言ってもいいでしょう。

ただし、保証に加入すると諸費用の合計は20万円を軽く超えてしまうので、結果高い買物になったような気分も残ってしまうでしょう。

◆ 販売店E

諸費用合計:¥220,000

車両本体価格が65万円なのですが、整備費が別なので見積りでは5万円計上されていました。つまり整備費込みだとすると車両本体価格70万円ということです。

また、保証が6ケ月で約5万円は異常に高いです。こんな保証に加入しなければならないのならこのお店では絶対に買えません。

しかも車検が残っているのに、保証費用5万円を含めたとしても諸費用の合計が22万円なんて考えられません。

おすすめ中古車検索サイト
カーセンサー

約1700台が流通していますが、ディーラー系はそのうちの500台ほど。
車選びドットコム

中古車購入の不安や疑問を電話でアドバイスしてくれる初心者にはうれしいサイトです。