概算見積り(レガシーツーリングワゴン) | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 概算見積り(レガシーツーリングワゴン)

概算見積り(レガシーツーリングワゴン)

ちょっと高めの車を選んでみました

スバルレガシーツーリングワゴン 今回は、ディーラー系の中古車販売店を2店舗、一般中古車販売店を4店舗選び、無料見積りを依頼してみました。

やはり、ディーラー系の中古車販売店のほうが、課税分諸費用の金額は、一般の中古車販売店の金額よりもかなり安くなっているのがよくわかります。

◆ スバルレガシーツーリングワゴン 無料概算見積りの回答

販売店名 車両本体価格 非課税諸費用分 課税諸費用分 総支払額
販売店A \777,000 \21,960 \53,278 \852,238
販売店B \1,092,000 \25,390 \43,892 \1,261,282
販売店C \989,000 \83,990 \114,250 \1,187,240
販売店D \698,000 \53,330 \146,790 \898,120
販売店E \658,000 \82,830 \127,365 \868,195
販売店F \850,000 \50,970 \159,030 \1,060,000

基本情報

  1. メーカー:スバル
  2. 車種:レガシーツーリングワゴン
  3. 排気量:2,000cc
  4. 車両重量:1,350kg~1,500kg
  5. 見積り依頼日:2012年10月15日
  6. 参考:諸費用計算書(1500~2000cc)

今回見積り依頼したのは、10月中旬なので、10月登録可能として見積書を分析します。私が作成した諸費用計算書の10月の欄を見ると、諸費用の合計が181,750円になっています。

この額は、車検が切れている車で有料保証の費用を含んでいません。そのため、車検が残っている車の場合には、その分安くなることを考慮に入れるべきですし、有料の保証に加入する場合には、その分プラスする必要があります。

解説

◆ 販売店A(ディーラー系)

諸費用合計:¥75,238

車検残あり。車検残があるとはいえ、課税分諸費用が5万円台というのはうれしい限りです。 しかもディーラー系の販売店なので、納車前の点検・整備は信頼できるし、1年間走行距離無制限の無料の保証も付いているので文句ありません。

ディーラー系の中古車販売店で、欲しい車を見つけたなら何も迷うことはないでしょう。

◆ 販売店B(ディーラー系)

諸費用合計:¥69,282

スバルレガシーツーリングワゴン 車検残あり。こちらも販売店Aよりも更に課税分諸費用が安くなっています。しかも保証の内容も全く同じでもちろん無料です。

この車は、若者向きの車でしかもウィンタースポーツに利用する人がとても多いので、やはり整備のしっかりしたディーラー系の販売店で購入すべきです。

質の悪い一般の販売店では、次回の車検に通らないような車を平気で販売している場合もありますので注意してください。

◆ 販売店C

諸費用合計:¥198,240

この販売店は、2年間走行距離無制限のディーラー系中古車販売店並みの無料保証を付けています。そのため、納車前にもしっかりした整備・点検を実施していることが予想され、かなり安心して購入できるのではないでしょうか。

その反面、故障する可能性の少ない年式の新しい車を中心に販売しているため、車両本体価格はディーラー系中古車販売店並みにやや高めの設定になっています。

諸費用は安いとは言えませんが、程度の悪い車を掴まされる心配が少ないので納得の価格といったところでしょう。

◆ 販売店D

諸費用合計:¥200,120

車検残あり。詳しい見積書が貼付されていないため細かいことはわかりませんが、1年間走行距離無制限の保証が付いていると書かれていたので、恐らくその費用も諸費用に含めていると思われます。

ただ、ワイド保証は別途31,500円が必要になると書かれていたので、無料保証の範囲は詳しく聞かないといざという時に問題が起こりそうです。

無料保証が付いてこの額だと妥当のように思いがちですが、課税諸費用分だけを見るとかなり高くなっています。

車検が残っている車なのでその分安くなっていいはずなのですが、課税諸費用分が高くなっているのでお得感がまったくありません。

◆ 販売店E

諸費用合計:¥210,195

スバルレガシーツーリングワゴン この車は、車検も残っておらず、保証も付いていません。そのため有料の保証に加入すると、諸費用の合計が概算で25万円近くになりそうです。

これはちょっと高過ぎます。車両本体価格がもう少し高くても、無料保証が1~2年付いて諸費用の安い車を買ったほうが、恐らく車の品質は上で故障も少ないでしょう。

◆ 販売店F

諸費用合計:¥210,000(\170,200)

車検残あり。
回答のメールには見積書の添付があり、内訳を初めから包み隠さずに見せてくれる点は好感が持てます。

その内訳を見ると、見積りに2年分の保証(39,800円)が計上されており、その分課税分諸費用の額が高くなっています。

保証の金額を差し引くと170,200円となり、諸費用の額は妥当な額でしょう。また、2年の有料保証の額も、39,800円というのは、決して高い金額ではありません。

まとめ

やはり、諸費用と無料保証を考えると、ディーラー系の中古車販売店の方が安心して購入できるということは間違いありません。

スバルレガシーツーリングワゴン ただ、最近では販売店Cのように2年間走行距離無制限の無料保証を付けている一般の中古車販売店も現れ始めています。

もしかすると保証の費用分を車両本体価格に上乗せしているのかも知れませんが、それならそのほうが購入者側にとっても買いやすいと思います。

いづれにしても、スポーツタイプで若者向きの車なので前使用者がどのような運転や手入れ、改造をしているのかわかりません。 できるだけ信頼のできる販売店で購入することが大切です。

おすすめ中古車検索サイト
カーセンサー

2千台強のレガシーワゴンの中から自分好みの車を見つけよう!
車選びドットコム

中古車購入の不安や疑問を電話でアドバイスしてくれる初心者にはうれしいサイトです。