概算見積り(三菱コルト) | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 概算見積り(三菱コルト)

概算見積り(三菱コルト)

三菱コルトを7台、無料見積り依頼をしてみました

三菱コルト 今回は、全て販売店を変えて7つの販売店に無料見積りを依頼してみました。

そのうち4つの販売店から詳しい見積書を添付ファイルで受け取ることができました。

やはり実際の見積書が貼付されていると全ての項目をチェックすることができるので安心できます。中には、課税分諸費用と非課税分諸費用すらわからないような見積りの回答をしてくる販売店もあります。

たった一度のメールやり取りで、販売店の良し悪しはわかるものです。

◆ 三菱コルト 無料概算見積りの回答

販売店名 車両本体価格 非課税諸費用分 課税諸費用分 総支払額
販売店A \190,000 \86,950 \83,050 \360,000
販売店B \239,000 \73,100 \64,940 \377,040
販売店C \299,000 \78,000 \77,550 \454,550
販売店D \350,000 \85,180 \92,400 \527,580
販売店E \238,000 \19,500 \109,300 \366,800
販売店F \300,000 \109,350 \409,350
販売店G \250,000 \82,180 \89,250 \421,430

基本情報

  1. メーカー:三菱
  2. 車種:コルト
  3. 排気量:1,300cc
  4. 車両重量:1,020kg
  5. 見積り依頼日:2012年9月28日
  6. 参考:諸費用計算書(1,000~1,500cc)

今回見積り依頼したのは、9月下旬なので、10月登録として見積書を分析します。私が作成した諸費用計算書の10月の欄を見ると、諸費用の合計が179,650円になっています。

この額は、車検が切れている車で有料保証の費用を含んでいません。そのため、車検が残っている車の場合には、その分安くなることを考慮に入れるべきですし、有料の保証に加入する場合には、その分プラスする必要があります。

解説

◆ 販売店A

諸費用合計:¥170,000

諸費用の額は、妥当な金額です。回答のメールに見積書の添付はありませんでしたが、販売店を訪問して実車をチェックする価値はありそうです。

非課税分諸費用は税金関係で、課税分諸費用は、販売店の手数料(利益)になる部分で、こちらが10万円を切っているのは良心的な販売店だと私は考えます。

ただ、回答のメールには、「外装に大きな傷もなく、内装も綺麗・・・」と書いてあるのですが、ネットの写真を良く見るとバンパーの左下が割れているのがわかります。

コルト販売店の回答メール

回答のメールを信用して、実車を見ずに購入した場合、納車後本当にがっかりしたはずです。販売店側に悪意があるのかどうかは分かりませんが、やはり電話やメールだけで中古車を購入すべきではありません。

◆ 販売店B

諸費用合計:¥138,040(\180,040)

課税分諸費用が随分安いので、メールを詳しく読み直してみると、やはり現状販売価格でした。きちんと整備点検して納車して欲しい場合は、プラス4万2千円必要になると書かれていました。

その場合の課税分諸費用は、106,940円になります。この金額でも諸費用の額としては妥当でしょう。

また、自分で車を整備するのが好きな方は、現状販売プランを選択して、整備費4万2千円を節約できるので、逆に良心的な販売店になります。

◆ 販売店C

諸費用合計:¥155,550

この車は既に登録されており、ナンバーがあることが、貼付されていた見積書でわかりました。それなのに登録書類作成料とか、登録手続き代行手数料を徴収する意味がわかりません。

諸費用的には、とてもリーズナブルなのですが、この車がなぜ既に登録されているのか等販売店で経緯を教えてもらってからの話しになりそうです。

◆ 販売店D

諸費用合計:¥177,580

三菱コルト 諸費用の額は、17万円台になっていますが、これは車庫証明手続き代行費用1万円が含まれているためです。

見積書もとても詳しい内容の見積書も添付されており、不明な点は見当たりません。

あとは、販売店へ実車のチェックへ行き、再度正確な見積りを出してもらい納得できたら購入を決めても良いかもしれません。

◆ 販売店E

諸費用合計:¥128,800

車検が切れているのに非課税分諸費用が19,500円なんてことはあり得ません。何かの間違いです。

車検の切れている車を登録する場合には、自動車税(10月~翌年3月)17,200円、自動車重量税24,600円、自賠責保険料25,750円、リサイクル費用10,450円、合計78,000円は最低でも必要になります。

回答のメールには、見積書の添付はないためなぜ非課税分諸費用が19,500円になったのかはわかりません。よって評価は不能です。

◆ 販売店F

諸費用合計:¥109,350

車検がほぼ2年残っており、ナンバーもあるため試乗することが可能かもしれません。ただ、見積書の添付はなく、回答のメールの内容も課税分諸費用と非課税分諸費用の額が合算されていて分かりずらいのが残念です。

ただ諸費用は決して高いわけではないので、販売店を訪問する価値は十分にあります。

◆ 販売店G

諸費用合計:¥171,430

この販売店の諸費用の額も妥当な金額です。また、回答のメールには見積書も添付されていました。その見積書もとても見やすく各項目も不要な項目もないし、金額も妥当な金額でした。

ただ、中古車検索サイトでは、「保証なし」で有料の保証については一切書かれていませんでした。このお店の他の車をみると「別途有料保証あり」と書かれていました。

またメールでも保証に関しては一切書かれていないのが気になります。も有料の保証にも加入できないとなると何かあるはずです。一気に怪しい販売店になる可能性を秘めています。

まとめ

三菱コルトの場合、購入月にもよりますが、諸費用の合計は、16万円から20万円が妥当な金額でしょう。それよりも高額な場合は、一度自宅に戻り頭を冷やして考えたほうが良さそうです。

例えば、見積りの時点で諸費用の額の合計が30万円を超えたら、勝手にオプションを付けられたり、保証に加入させられていたりする可能性があります。

いらないと思ったら断固断りましょう。それでも無理強いをしてきたら、契約せずに帰るべきです。

おすすめ中古車検索サイト
カーセンサー

全国で約800台が流通しています。古さを感じさせないデザインなのに低価格。お買得です!
車選びドットコム

中古車購入の不安や疑問を電話でアドバイスしてくれる初心者にはうれしいサイトです。