諸費用に関するトラブル | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 諸費用に関するトラブル

諸費用に関するトラブル

表に出にくい諸費用のトラブル

普通、商品には定価というものがあり、その価格で購入できるものです。ところが中古車は、車両本体価格は明示されているのですが、諸費用を含めた総額が表示されていることはまだまだ少ないのが現状です。

中古車の諸費用の妥当な金額とは?

そこで問題になるのが諸費用です。トラブル事例でもお分かりのように、特に免許をとったばかりで、はじめはぶつけてしまいそうなので安い中古車を買おうという方が被害に会われています。

中には車両本体価格よりも高い諸費用50万円とか70万円とかを支払っているケースもありました。でもこれは氷山の一角に違いありません。

多くの人は、あまり税金のことや販売店手数料について詳しくしらないため、「まあこんなもんかなあ」と思ってそのまま契約してしまうのです。

つまり相手を見てこのくらいだったらふっかけても大丈夫と計算している場合が多いようです。そのため、本人が気づかずに契約を終えてしまうため、おかしいと思って苦情を投稿する人が少ないのです。

店側が進めるオプションは全て断る

契約前に正確な見積りをとり、頼んでもいないオプションが付けられていたら全てはずしてもらいましょう。それを嫌がる販売店で購入しても後悔するだけです。断固断るべきです。

 不要なオプションは断る また、自ら進んでオプションを頼むのもやめたほうが良いかもしれません。

カーナビやCD、MDを付けるならば一般の量販店で装着してもらったほうがずっと安心できます。

ボディーコーティングなども同じです。専門のお店に頼んだほうが確実です。とにかくオプションは全て断れば、諸費用は普通20万円前後になるはずです。

それでも20万円を大きく上回る場合は、販売店の代行手数料が異常に高いはずです。1日検討するといって店を後にしたほうが懸命です。

妥当な諸費用の額は

車検が残っているかいないか、あるいは購入月で税金の額が変わってきてしまうため正確な額はいえませんが、とても大雑把にいうと諸費用の額は20万円前後を基準にすると良いでしょう。

諸費用が20万円以下で中古車が購入できれば、多少盛られていることはあっても大怪我をすることはないからです。

つまり、中古車は、

車両本体価格 + 20万円(諸費用)= 総支払い額

で購入できるのです。例えば、車両本体価格29万8千円の三菱コルトを購入する場合の総支払い額は、

298,000円 + 20万円(諸費用)= 498,000円(総支払い額)

で購入するのが普通の中古車購入です。それをお店側にオプションを無理やり追加されて、諸費用50万円とか70万円も支払うなんてあり得ません。

絶対にそんなことにならないようにしてください。

とにかく事前に見積りをとろう

販売店へ行って、初めて支払い総額を知ったなんていうのはダメです。とにかく無料なのですから、少なくても10件くらいは無料の見積りをしてみましょう。

そして自分の購入予定の車の諸費用がだいたいいくらくらいなのか平均をとって調べておきましょう。そして実際に販売店へ行き、正確な見積りを出してもらい事前に調べた諸費用の額に近ければ近いほどよいといえます。

もし、大幅にアップしているようなら、原因を見つけ問い合わせてみましょう。いらないオプションは、毅然と断り自分の予想した範囲内で購入できなければやめるべきです。

中古車は購入後にもお金はかかるものです。また、気に入った車にお金をかけることは楽しいことでもあります。ですから購入時には少しでも安く購入し、購入後に楽しみながらお金をかけてあげられるようにしましょう。

事前に無料見積りで自分が購入したい車種の諸費用の額を把握しておきましょう。

「車種別概算見積り」を参考に

当サイトには、「購入予定者必見!車種別概算見積り」のコーナーを設けています。ここでは、私が無料見積りを依頼し、その見積りの内容を分析・評価してますので是非参考にしてください。

このコーナーを見るだけでも、おおよその諸費用の額や一般の中古車販売店とディーラー系中古車販売店の諸費用の額の違いがわかるはずです。

ただし、見るだけでなく自分でも無料見積りをして下さい。そして見積書がメールに添付されていたら是非印刷してじっくり見てみましょう。諸費用の構成がわかってくれば不安も薄れてくるはずです。

↓   ↓   ↓

おすすめ中古車検索サイト
カーセンサー

常時30万台の在庫の中から探せる楽しさは格別です。
車選びドットコム

中古車購入の不安や疑問を電話でアドバイスしてくれる初心者にはうれしいサイトです。

中古車購入トラブル事例「諸費用・支払い編」を読む