ドライブ日記(鼻曲山~越上山) | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > ドライブ日記(鼻曲山~越上山)

ドライブ日記(鼻曲山~越上山)

鼻曲山~越上山/2014年3月17日

2月の2回もの大雪のおかげで2月は1度も山に登ることができませんでした。 そして3月になってもちょっと標高の高い山の北面は雪が凍っていることも考えられるので安全のため登山を控えていたのですが、中旬になったのでもう大丈夫だろうと近場の山に登ってみました。

今回選んだ山は、近場の鼻曲山と越上山の2座です。距離的に近いので一度に2座登ることができます。駐車場から登山口まではずっと舗装道路を歩くのですが、それはそれで明るいし風も通るので気分は悪くないものです。

  • おすすめ度:★★★☆☆
  • 展   望:★☆☆☆☆日産マーチ
  • 登山レベル:初級
  • 登山道:良好(一部ロープ、岩場あり)
  • 駐車場:有(無料)
  • 行程:町営無料駐車場→登山口→鼻曲山→登山口→越上山→傘杉峠→黒山三滝→駐車場
  • 所要時間:約3時間39分(休憩含む)
駐車場 ここが町営の無料駐車場です。関八州見晴台へ登る時に利用する駐車場と同じです。
登山口 駐車場から顔振峠方面へ車道を歩いていき、顔振峠への登山口を通り過ぎひたすら車道をてっぺんまで歩いて登ります。
登山口 車道の峠までくると左右に登山口があります。左が鼻曲山への登山道ですが、案内板には鼻曲山とは書かれていません。ユガテ方面へ進みます。
分岐 すぐに案内板が出てきます。右がユガテになっていますが、ここは直進します。(直進方向に案内板はありません)
分岐 右の木に「一本杉峠方面」と書かれているのでそちらへ進みます。
一本杉峠 一本杉峠にある一本杉の右側を通り抜け坂道を下って行きます。
鼻曲山山頂 アップダウンを数回繰り返し、岩場を超えてまた小さなアップダウンをした先に鼻曲山と書かれたピークがあります。
鼻曲山山頂全景 山頂は4畳半ほどの広さしかなく座ってくつろげる場所もありません。また全方向樹林に囲まれており見晴らしはあまりよくありません。
鼻曲山山頂からの展望 顔振峠方面がちょっと眺めることができました。
登山口 登山口まで戻り反対側の登山口へ進みます。
分岐 白地に書かれた案内棒が越上山への分岐です。表側には越上山の表示はなく通り過ぎてしまいがちです。裏側に越上山と書かれています。
越上山 山頂は完全に樹林に囲まれて展望はありません。山頂のちょっと手前に見晴らしがきくところがあります。
越上山 越上山の山頂には看板と三角点があります。
諏訪神社 再び分岐まで戻り先へ進むと諏訪神社が見えてきます。
分岐 諏訪神社を通り過ぎ道なりに歩くと車道と合流します。ここを右へ進むと顔振峠に到着します。
傘杉峠 顔振峠を通り過ぎ、車道に沿って歩いていると傘杉峠に到着します。ここを黒山三滝方面へ下って行きます。
分岐 ひたすら道なりに下って行くと黒山三滝に出ます。ここを右に進むと駐車場へ戻ります。

より大きな地図で 関八州見晴台 を表示
◆ 駐車場案内図

無料の駐車場は熊野神社手前の町営無料駐車場と黒山三滝入口の観光客用(無料)の2つあります。当然長時間駐車になる登山者は熊野神社手前の町営駐車場に駐車するようにしましょう。
町営駐車場にはベンチが設置されているので登山靴の履き替えなどに便利です。

◆ ドライブを終えて
知名度の低い鼻曲山でしたが、意外と楽しめました。訪れる人も少ないせいか探検気分も味わえるし、インターネット上でも情報のない山を歩くのはなんか面白い感じでした。

とはいうものの登山道はしっかりと管理されていて道ははっきりとしているので安心して歩くことができます。ただ、鼻曲山も越上山も山頂の手前にちょっとした岩場があるので注意が必要です。

より詳しい登山ルート情報は、登山記録専門サイトをご覧ください。

→ 「ハイカー&登山者のための駐車場情報

登山行程詳細

  1. 日時:2014年3月17日(月)
  2. 天候:晴天
  3. 登山形態:単独
  4. 所要時間:5時間22分(休憩含む)
◆ 鼻曲山~越上山 登山行程詳細 ◆
7:05 駐車場出発  
8:44 登山口 看板あり
09:29 鼻曲山山頂  
10:15 登山口へ戻る  
11:07 越上山  
11:07 越上山  
11:32 車道と合流  
12:28 傘杉峠  
13:14 駐車場着