「修復歴なし」の車を選ぶ | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 「修復歴なし」の車を選ぶ

「修復歴なし」の車を選ぶ

修復歴とは

修復歴とは、車の走行性能に影響を及ぼすような大切な骨格部分の損傷を修復したことがあるという意味です。

つまり、車の走行性能に影響を及ぼす箇所が損傷したのですから、相当しっかりと修理をしなければ、当然燃費にも影響が出てきますし、直進性にも影響するはずです。

事故車と修復歴車の違い エンジンの調子や電気系も完全には良くならない場合も考えられますし、いろんな部分から異音が発生し、乗り心地にも影響が出てくるはずです。

もし、購入後にエンジンルームから異音が出ても、完全に治すことは不可能か、相当な費用がかかってしまうでしょう。

タイヤを新品と交換しても、ハンドルから手を離すと、車が右か左に流れてしまい直進性能がすこぶる悪いというのは、骨格部分が曲がったままだと考えられます。

修復歴とは、将来このような悪影響が出てくる可能性が高い車だということをよく理解しておく必要があります。

「修復歴あり」は全体の9%

ある中古車検索サイトに登録されている中古車約30万台の中に「修復歴あり」の車はどのくらいあるのか調査したところ、全体の9%程度でした。

調査した時点では、全国の登録台数が31万5千台。そのうち「修復歴あり」の車は約28,400台でした。残り286,600台は「修復歴なし」の車です。

28万台以上も修復歴なしの車があるのですから、わざわざ修復歴のある車を選んで故障のリスクを背負うことはありません。

「修復歴なし」の車からでも十分に自分の条件に合う車は見つけられるはずです。

中古車検索サイトでは、修復歴なしにチェックを入れよう

前述の通り、「修復歴あり」の車は全体のたった9%(約2万8千台)しかありません。しかも、修復歴ありの車は、一度は走行性能に悪影響が出る車の骨格部分を損傷した車です。

中古車検索サイトで中古車を探す場合には、「修復歴なし」に必ずチェックを入れてから検索するようにしましょう。”安心して中古車を購入する”ためには、「修復歴あり」の車は決して選ぶできではありません。

おすすめ中古車検索サイト
カーセンサー

「保証」の欄は、とても詳しく書かれており、じっくり比較したい方はこちらがおすすめです。
車選びドットコム

中古車購入の不安や疑問を電話でアドバイスしてくれる初心者にはうれしいサイトです。