試乗できる販売店で買う | 中古車を安心して購入する賢い方法

メイン画像

home > 試乗できる販売店で買う

試乗できる販売店で買う

試乗すれば納車後も安心

中古車購入トラブル事例を見ると、自宅から遠い販売店で欲しい車を見つけたため、一度も試乗せずに購入してしまい、その結果とてつもなく粗悪な車を買わされてしまったという事例を多く見受けます。

中古車販売店での試乗 私は、そんな思いはしたくなかったので、自分の住んでいる県内のみで探し続けました。

その結果、自分の条件にぴったりの車を見つけるのに3ケ月かかってしまいましたが、結果はとても満足しています。

購入前には、ちゃんと車をチェックしに行くことができましたし、試乗も行いました。そのため、エンジンやミッションの調子も肌で感じることができ、この車だったら故障したり壊れたりしないだろうという確信も持てました。

そのため販売店の勧める高い保証も一切断り、お金をかけずにお気に入りの中古車を購入することができたのです。

試乗時の注意点

気になる中古車が見つかり、試乗する場合にはいくつかの注意点があります。それは意外と大切なことなのでしっかりと頭に入れておいてください。

まず一つ目の注意点は、試乗する場合には、

必ず事前に販売店に連絡し了解を得ておく

ということです。普通の中古車販売店では、一台でも多く展示しようと車をぎゅうぎゅう詰めに並べています。そのため、試乗したい車が、展示場の一番奥に置かれていた場合には、何台もの車を移動させなければならないため、 試乗を断られる場合があります。

せっかく時間をかけて実車を見に行くのですから、事前に試乗するための準備をしておいてもらうべきです。

実車を見に行くくらいなのですから、あなたは購入意欲を十分に持っているはずです。そして十分に実車をチェックし、試乗して問題がなければきっとあなたの中古車購入は成功するはずです。

もう一つの注意点は、中古車は試乗時には、任意保険には加入していないという点です。

つまり、試乗中に事故を起こし、試乗車を壊してしまった場合には、全額自費で弁済しなければなりません。そのため試乗時には、無理な運転や乱暴な運転は控えるべきです。

また、自分の運転に自信がない場合には、販売店の人に運転してもらうと良いでしょう。助手席に乗って試乗するだけでもある程度はその車の調子を判断できます。

この場合にも、「運転に自信がないので販売店の人に運転してもらい、自分は助手席で試乗したい」旨を事前に電話かメールでお願いし了解をとってから販売店へ訪問するようにしましょう。

試乗を断る販売店

中には、電話すると試乗を断る販売店があります。販売店の人は、「品質には絶対の自信があるから・・・」とか、うまいことを言うかもしれませんが、そのような販売店は絶対におすすめできません。

本当に自信のある販売店は、喜んで試乗させてくれるでしょう。なぜならば、殆どのお客さんは、試乗して問題がなければ購入を決めようと思って来ているからです。

もちろん私も試乗してすぐに購入を決めましたし、皆さんも同意見だと思います。試乗は、購入するか見送るかの最終段階なのです。それを断るようは販売店は、よっぽどワケありの事情があるはずです。